補給食は何を食べる?

ツールドフランスを見ていると、時折もぐもぐタイムがあります。

アシストのドリンク運びや、沿道からのサコッシュ差し入れなど、微笑ましいシーンも。

これはかつて新城選手が所属していたユーロップカーの出発前の風景。

それぞれのドリンクに名前を書いています。

聞いてみると内容はチームの栄養士と選手個人で相談して決めており、同じチーム内でも選手によって少しずつ異なるのだとか。

補給食も同様、チームごとに工夫が凝らされているようです。

 

夕食はホテルの場合もあればキッチンカーが帯同することも。

現ディレクトエナジーはユーロップカーの時代から、キッチンカーが充実していることで有名。

チームと同じヴァンデ県にあるフランス有数の食品メーカーフローリ・ミションが運営しているこのキッチンカー。

内部は調理器具が「エレガントかつスマートに」(シェフの言葉)収められています。

ツールを走る選手に必要な栄養は1日8000kcal以上。

どれだけ山もり?

と思ったら、料理はとても繊細で美しいコース。

食事は単なる栄養補給ではなく、くつろぎとコミュニケーションの場であり、翌日に備えて英気を養うのに大切な場所、というフランス人らしい考えを勢いよく話してくれた料理長。

なのでワインも出ます。少しですが。意外とお手頃ワインで少し親近感。

 

常に身体のメンテナンスに余念がない選手たちですが、レース中は特に口に入るものにとても神経質になっているそうです。

食べ物によって明らかにパフォーマンスが違うし、禁止薬物の含まれた市販用食品を知らずに口にしてしまう危険もあります。

禁欲の3週間もあと少し。シャンゼリゼでの豪遊が見えてきています。

 

ちなみにサイクルロッカーでは期間中オリジナルのエナジーバーを販売中です。

ドライフルーツとナッツがたっぷり入ったシリアルバー。

ゆっくりと燃焼するオートミールや大豆を配合しており、腹持ちがよく、ロングライドに最適です。

また、脚つり防止に効果のあるマグネシウムをたくさん含むアーモンド、代謝を助ける鉄分やナイアシンを含むプルーンなど、天然の栄養がぎっしり詰まっています。

暑い時期のライドでは体力の消耗が激しく、ミネラルは汗と一緒に流れてしまい不足しがち。

市販のジェルでもよいのですが、せっかくなら天然の素材で自然に栄養補給しませんか。

寄り道だらけの葉山鎌倉サイクリング

葉山、鎌倉エリアのフォトラリーを巡回。

途中、寄り道しまくりです。

よく行くお店でチラシも置いてもらっているし。ご挨拶もしなくてはね、という言い訳です。

有名店もありますが、地元の人でも知らない穴場的なスポットも特別にご紹介。

「ツールドフランスがやってくる?」参加店自体がわかりにくい店ばかりなので、そういうお店に親近感を感じています。

暑さ対策に水をたくさん持ってサイクルロッカー出発。

 

 

 

まずはL’Être et le néant

お店の方はフランスから帰ってきたばかり。

ブルターニュでツールドフランスにニアミスしたそうで。うらやましい。

 

海岸通りに出たら葉山Sweet Tooth。

今回自転車クッキーやパリブレストも特別に作ってもらいました。

いつ行ってもそれぞれ季節のメニューがあって楽しいケーキ屋さん。

 

葉山自転車市場に到着。

ここの顔ハメはまっすぐに顔をハメてはダメ。

これから登るモンバントゥーを仰ぎ見る視線で。

 

ちなみに前はビーチサンダルで有名なげんべい

マイヨジョーヌとマイヨヴェール用の浮き輪椅子はあったけど水玉はありませんでした。やはり山岳と海は相いれないのか。

 

渚橋のファミリーマートにはバイクスタンドもあり、いつも自転車乗りでにぎわっています。

ロングライドの場合はここでドリンクや補給食を確保しますが今日はゆるポタなので。と思ったけど暑すぎてドリンク追加です。

 

海の眺めが素晴らしいカフェ渚小屋

曜日によって色々な人が個性豊かなランチを提供してくれます。

クレープの食べ放題という素晴らしい企画もあり。

 

逗子の文化の拠点、シネアミーゴ

カントリージェントルマンのお屋敷で掘り出し物映画も観られます。

ここもランチは日替わりで色々なテーマがあって面白い。

 

 

 

 

夏限定。ビアンキビーチハウス

ここに寄って今回のイベントを知り、訪ねてくれる方多数。

チェレステかき氷はパイン味でリゾート気分満載。

バイクスタンドあります。

 

海沿いを一気に走り鎌倉へ。

カワイイものがつまった大町の文房具やさん。コトリ

目を引く店先の自転車は「フラミン号」。店内には緑の「セキセイ号」も。

かつてはこの2号をレンタサイクルしていたそうですが、今は引き取り手を募集中とか。

 

ペンキ屋さん。Paint&Color Plaza

ポプロモビルのツールドフランスへの門もここのペンキを塗ったそうです。

壁のペンキアートは見る価値あり。何度見てもギョッとします。

ペイント教室などもやっています。自転車塗るより壁塗る方が簡単だよ、と言われました。

そしてついにツールドフランスへの門をくぐります!

古都鎌倉で異彩を放ちまくりのポプロモビルです。

道行く人の訝し気な視線がまぶしいけど、中に入ると風が気持ち良い静かなお庭。ミネラルウォーターを飲んでホッと一息です。

本当は井土ヶ谷のシコーバイシクルサービスまで行くつもりだったのですが、暑くて断念。

なので鎌倉で開催中の「みずたまてん」などを冷かしに。

ツールドフランスがやってくる?では赤水玉で盛り上がっていますが、こちらは青水玉。それでも勝手にシンパシーを感じています。

帰りは内陸コース。

「お化けトンネル」手前の製麺屋さん「邦栄堂製麺」に立ち寄ります。

ラーメンはもちろんですが餃子の皮が絶品。もちもちでヤミツキになります。

あとは一気に葉山へ。

登りもそれほどなく、汗をかかずに風を感じる程度に漕いでいたつもりでしたが、やはり汗だらだら。

以上、寄り道だらけの葉山鎌倉ポタリングでした。

 

暑い!自転車に乗るか乗らないか?

暑いです。命の危険があるほどだそうです。

こんな日にサイクリング、出かけますか?

体調がよければ、行ってみてもよいのでは。

ただし、暑い日のサイクリングで大事なことはこれ。

 

1.登らない、頑張らない

2.水をかぶる

3.しっかり補給

 

1.登らない・頑張らない

暑い日は割り切って軽ーくいきましょう。

走っていれば風が気持ちいいです。

登りは暑いだけです。幻覚見えてきます。

平地を無心にこぎ、坂を下って風を感じて、気持ちよく終わりにするぐらいが調度よいのではないでしょうか。

暑いと想像以上に体力消耗します。

二日酔いとか寝不足など、思った以上にダメージが大きくなります。

 

2.水をかぶる

水分を取るのはもちろんですが、身体を冷やすには全身に水をかぶるのが一番。

びしょびしょになることに抵抗がある方も多いかと思いますが、だまされたと思ってやってみてください。

ボトルは2本。かぶる用の水とミネラル補給用のスポーツドリンク。

甘いスポーツドリンクをかぶるとベタつきます。

サイクリングキャップをかぶり、水でしっかり濡らしておくと涼しさが持続します。

頭にブシャーっと水をかけながら走っていると「絵的に」強い選手になった気がしませんか?

 

3.しっかり補給

暑いと汗がどんどん流れ、想像以上に体力を消耗します。

エネルギー源はもちろん、塩、ミネラル、いつも以上にしっかり補給しないと動けなくなります。

走る前に炭水化物などエネルギーをしっかり入れておく。

走りながら水分、塩、ミネラル。補給食やスポーツドリンクなどをこまめに。

走った後も水分、塩、ミネラル。それから消化の良いものを。

走った直後のビールは回りすぎるし身体が熱くなってしまいます。

コーラが美味しいです。糖質、身体が喜んでいる感じがします。

だけどそもそも、本当に暑い時はたくさん補給が必要なほどガツガツ走らない方がいいです。

 

ちなみに、暑さ対策、日焼け対策のウェアやグッズなども色々あります。

好みで色々試してみるのもいいですね。

個人的には通気性のよいアームカバーとかタイツは濡れると冷たくなっていいかと思います。

でも前出のサイクリングキャップも含め、たくさん着ていると、蒸れて体温上がって危険です。

色々着るのはびしょびしょになること前提です。

それでも、極力裸に近い方がいい、という方もいますし。あとは好みの問題かと。

 

とにかく。暑い日のサイクリングは体調のよい時に軽く、水をかぶりながら走る。そしてちゃんと食べる。

 

写真は2010年のツールドフランス、キャラバン隊のVittel。

格好いいお姉さんが沿道の観客に散水してくれます。皆歓喜の声をあげていました。

ラルプデュエズなどのサイクリストが多い山でも、地元の方がホースで水をかけてくれるのがすごく気持ちよくて、力が湧きます。

暑い日のびしょびしょ、楽しいです。

 

ということで。酷暑を乗り切りましょう。