Jsportオフィシャルグッズもプレゼント

毎晩見ているJsportさまが今回のイベントのためにオフィシャルグッズを提供してくれました。

立派なタオルとボールペン。

フォトラリーに来ていただいた方に差し上げることにします。

サン岳賞(3か所撮影)とワンポイント賞(1か所撮影)ということにしてみました。

水玉だったり緑だったりするわけではありませんが、気分がでるでしょう?

山岳賞はキウィ

ツールドフランス4日目終了時点で山岳賞ジャージを着ているのはニュージーランド出身のディオン・スミス選手。

インタビューでも「自分は山岳賞ジャージを着た最初のkiwiだ」と誇らしげ。

ニュージーランド人自分たちのことをkiwiと呼びます。キウィとそれに似た鳥キウィが大好きだから?

ニュージーランド、近頃強い選手がたくさんいます。

あのジャック・バウアー選手もニュージーランド人です

(ジャック・バウアー、24時間頑張りそう、と誰もが思っているはず。)

彼らを見ると、豊かな自然の中をのびのびと自転車乗っているんだろうな、と思ってしまいます。

 

先日ニュージーランドに行ったのでつい気になってしまって。ニュージーランドの自転車事情などはこちらにまとめています。

ニュージーランド自転車事情(道路環境など)

ニュージーランド自転車事情(山から海へのロングトレイル)

ニュージーランド自転車事情(自転車旅のかたち)

 

市街地でも自転車のための道路環境が整っているし、地方では自転車ツーリズムが当たり前。

サイクリングロードが縦横に走り、8日間かけて山から海へ抜けるワイルドコースから、ファミリーで賑やかに走れるトレイルまでよりどりみどり。

サポートもたくさんあり、荷物を到着地点に運んでくれたり、エイドを用意してくれたり。

地元のキウィたちはもちろんのこと、ヨーロッパやアメリカからやって来て何か月もかけて自転車で回っている人々もたくさんいます。

ロードバイクももちろんたくさんいますが、未舗装の道も多いので、MTBがその神髄を発揮してます。

ロードバイクでも太めのタイヤとか、凸凹道も走れるオールラウンダーな自転車が人気みたいです。

 

自然こそが自分たちの財産だ、と気づいているキウィたち。自分なりのスタイルで自然と一体になってめいっぱい遊ぶのが本当に上手。

そんな国のサイクリストにひそかに注目しています。

 

 

レンタルバイクはじめました

レンタルバイク始めました。1台だけですが。試乗車です。

シコーバイシクルサービス特製MTB。

フレームはCanfeild。

ツールドフランスがやってくる?の期間中Cyclelockerで特別に試乗できます。無料です。

早速乗ってみました。一言で言うと車に乗っているみたい。

滑らかな走り心地で高級車のような安心感があります。

見た目のゴツさの割に軽量できびきびした動きが気持ちいよいです。

もうロードバイクなんて乗りたくない、と一瞬思ってしまいました。

ダウンヒルできる内緒の道など、おすすめコースもこっそり教えますので、是非ご体験ください。

 

 

ホイールにひまわり咲きました

L’Être et le néantの店頭にひまわり咲きました。

お店の雰囲気と相まって、ほんとにフランスのお庭にいる気分になれます。

店長現在フランスに出張中で、お店自体は7月中旬までお休みですが、写真は撮れます。

芝生さんが繊細なので立ち入る時はそーっと優しくお願いします。

 

 

 

ツールドフランスへの門が登場

閑静な鎌倉にたたずむ風情ある古民家。それがポプロモビル

ところが店先に突如登場したド派手なアートは何?!

近所の方のぎょっとする様子が目に浮かびます。

世界にただ一つツールドフランスへの門が鎌倉に登場です。

門をくぐれば魅惑の自転車ワールドが待っています。

おフランスな顔ハメ完成

シコーバイシクルサービス、おフランスな顔ハメ完成しました。

もうフランス人にしか見えません。

ついにツールドフランス開幕しました

ついに開幕しましたツールドフランス。

本家の開幕に合わせ、葉山近辺の「ツールドフランスがやってくる?」も勝手に盛り上がってます。

各店趣向を凝らしお客様をお迎えしております。

 

サイクルロッカーにはきめっきめのビアンキさんなど、バシバシ写真撮っていかれました。

7日にはオープニングセレモニーも。ツール見ながらぎゃーぎゃー好き勝手に盛り上がりました。

 

avecさんのランチやSweet toothのスイーツなども好評で売り切れ必須です。

準備も佳境に

各店舗、準備が佳境に入ってきました。

シコーバイシクルサービスでは店内にガーランドが張り巡らされ華やいできました。

 

台風が来る前に、と画伯が絵筆を握っているのは葉山自転車市場

顔ハメ作成中。

 

ポプロモビルでは壮大なオブジェが構想中とか。

 

自転車乗りがアーティスト集団に変身中。

ウィンドウにひまわりが咲きはじめました

W杯を見ているうちに、ツールドフランスが目の前に近づいていました。

もう今週末です。

ようやく各店舗、準備が佳境に入ってきました。

そして葉山に突如ひまわり畑出現!

サイクルロッカーのウィンドウアートを描いているのはイラストレーターのKADOTACHIAKIさん。

L’etre et le neantのウィンドウに惚れて今回のイベントのメインイラストもお願いしました。

下絵もなしに一気に描きあげていくのが格好よくて見とれてしまいました。

道行く人々が「何事か?!」と見つめていくのが快感です。

新城選手、、

 

2013年日本チャンピオンジャージを着てスタートに向かう新城選手

バーレーンメリダの新城選手、今年のツールドフランスは不出場になってしまいました。

残念。

彼の走りが深夜の観戦のモチベーションになっていたのに。

バーレーンメリダ、よい選手多くて厳しいかも、とは思いつつ、経験も評価されるのでは、と期待していたのですが。

彼の地元のVendée県スタートだし、走りたかっただろうな、悔しいだろうな。

ここのところ出るのが当たり前のように感じていたけど、3年も連続で出場したのは改めて凄いことだったのだな、と実感しました。

ご本人のコメントどおり、シーズン後半(ブエルタ?)に期待します。

 

フランスの沿道で観戦していると、周りの人が「おー、ジャポン、<アハシホ>ねー!」と声をかけてくれて。

「???」

だったのですが、「R」の発音が「ハヒフヘホ」になるフランス語で「Arashiro」と言っていたのですね。

地元フランスでもちゃんと知名度があると実感し誇らしい気分になりました。

日本の旗が振られるのも当たり前の光景になってきたし。

 

仕事のツテを活用して入手した当時のユーロップカーの選手全員のサインジャージ。

ボクレールの名前もあり。

宝物です。

今回新城選手は走らないけど、「ツールドフランス がやってくる?」ではやっぱり飾ります。

 

 

あー、でもやっぱり日本人誰か出ないかなー。盛り上がりが全然違う。。