イベント情報 レース情報 記事

ありがとう!ツールドフランス

投稿日:

2018年のツールドフランスが終わりました。

シャンゼリゼを走る選手たちを見て泣けたのは初めてです。

今年はほぼ毎晩レースをじっくり追って、3週間の波乱万丈の物語を存分に味わいました。

第11ステージでニエベを抜き去ってからのGトーマスの進撃、フルームを含むライバル達のしのぎあい、どれも目に焼き付いています。

 

だけど今年、こんなにもパリの美しさが迫ってくるのは、自分の自転車を黄色に塗ってしまったからなのだと思います。

つまり「ツールドフランスがやってくる?」というイベントを通して、ツールに「参加していた」からです。

自転車を黄色く塗っている時、本当にもうじきツールがやってくるのでは?とワクワクしてしまいました。

飾り付けした会場に来てくれたお客様とレースの行方について話している時、沿道でおしゃべりしている気分でした。

そして、ガーランドを飾って皆でワイワイやっている時、心は完全にフランスの空を飛んでいました。

日本の片隅で勝手に盛り上がり、ツールドフランスに「参加」した気分になっていたのです。

パリが近づくと、選手はもちろん、サポートの方々、キャラバンなどの関係者たち、皆感慨深いだろうなあ、それを思うと自分もしみじみする、というのはこれまでもありました。

ところが、今年はおこがましくも自分もその一員になったような気がして、泣けてきたのです。

 

もう一つ大事なことは仲間がいたこと。

おバカな企画に乗ってくれた自転車仲間、遊びに来てくれたお客様、応援してくれた友人達、そして深夜のSNSでブツブツ盛り上がった方々のことも勝手に仲間だと思っています。

シャンゼリゼを見て泣けたのは、一人ではなくたくさんの仲間が一緒にゴールしたような気分になったからでもあります。

 

単純に一人でレースを見ているだけでももちろん楽しいのですが、「参加」することで、よりツールドフランスを満喫できる、というのは一つの発見です。

来年は、もっと多くの人に「参加」してもらってこの楽しさを味わってほしい、そんな使命感まで持ってしまいました。

「参加」の方法は色々あると思います。誰かと一緒に応援する?家を飾ってみる?ツール気分で走ってみる?

いずれにしてもおバカなことを一所懸命やって「勝手に盛り上がる」のが大事ですね。

というわけで、来年もまた何か楽しいことやりたいなあ、何ができるかなあ、なんて考えるのもまた楽しい。

ありがとう、ツールドフランス2018。

また来年。

A bientot!

 

 

-イベント情報, レース情報, 記事
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

準備も佳境に

各店舗、準備が佳境に入ってきました。 シコーバイシクルサービスでは店内にガーランドが張り巡らされ華やいできました。   台風が来る前に、と画伯が絵筆を握っているのは葉山自転車市場。 顔ハメ作 …

ラルプデュエズを登るということ

自転車の聖地ラルプデュエズ。 世界中から自転車乗り達が登ってきます。 なぜこの山はこんなにもサイクリストを引き付けるのか? 樹林帯ではないので見通しがよく、つづら折りの上も下も見渡せるので頑張りが目に …

Jsportオフィシャルグッズもプレゼント

毎晩見ているJsportさまが今回のイベントのためにオフィシャルグッズを提供してくれました。 立派なタオルとボールペン。 フォトラリーに来ていただいた方に差し上げることにします。 サン岳賞(3か所撮影 …

暑い!自転車に乗るか乗らないか?

暑いです。命の危険があるほどだそうです。 こんな日にサイクリング、出かけますか? 体調がよければ、行ってみてもよいのでは。 ただし、暑い日のサイクリングで大事なことはこれ。   1.登らない …

モンバントゥーを登れ

葉山自転車市場にとってもヴィンテージな顔ハメ登場。 モンバントゥー(Mont ventoux)を登っている設定だそうで。 今年は通らないけど。 10日目以降の山岳ステージで顔ハメ写真アップしたら、えっ …