イベント情報 レース情報 記事

黄色に染まるシャンゼリゼ

投稿日:

3週間の戦いを終えてシャンゼリゼに到着するツールドフランスの一行。

今年のマイヨジョーヌはまさかのSkyのGトーマスで確定しました。

パリは黄色く染まり、ウェールズ出身のマイヨジョーヌを迎えることでしょう。

シャンゼリゼのカフェのお姉ちゃん。自転車眼鏡で浮かれていますね。

オベリスクの周囲もフラムフュジルージュも黄色い服の人が徐々に増えてきます。

でも暑いので人手が増えるのはもう少し夕方になってから。

 

それにしてもパリのツールドフランスは黄色。

何を当たり前のことを?

と思うかもしれませんが、これまで観戦していた地方の応援を思い出してみてください。

とてもカラフルなのです。

沿道で振られている旗は、その州の旗やアイコン、応援する選手の国旗。

装飾も地方にちなんだモチーフやチームジャージなど。

もちろん山岳ステージでは水玉だらけです。

 

ツールドフランスの真骨頂はこのカラフルな応援なのではないでしょうか。

地方が主役のイベントなのです。

それぞれの地方の人が自分の街をツールが通過することを誇りに思い、街を飾り、旗を振ってもてなします。

テレビにはフランス中の美しい風景が映し出され、故郷を離れて都会にいる人々も、ここぞとばかりに地元を自慢しあう。

ツールドフランスはフランスの地方の豊かさをフランス人自体が喜ぶイベントなのです。

その点で、ツールドフランスは日本の甲子園だ!と思っています。

夏の定食屋で何となくテレビで放送されていて、地元が出てくると喜んで応援して自慢する。

とてもよく似ていませんか。

ちなみに国際色豊かなところは世界最高峰のレースならでは。

世界中から自国の選手の応援に駆け付ける人々がいて、世界中で観戦されているというスケールの大きさは甲子園世界バージョンか?

 

ツールドフランスの総決算であるパリは大会を象徴する「黄色」で染められます。

観光客や地方、外国出身者などが入り混じった大都会のニュートラルな「黄色」です。

だけど本当にツールドフランスを象徴し、魅力的なのはカラフルな地方色なのではないでしょうか。

さて、シャンゼリゼ最後のスプリントに合わせ、「ツールドフランスがやってくる?」もゴールスプリント間近です。

関東地方は台風も過ぎたようでサイクリング日和。

葉山鎌倉横浜を周回してみませんか。

全部回ったら50㎞弱。これからでも行ける!

本日限定、葉山自転車市場ではフランス人山岳賞を記念して合言葉を言ってくれた方にはピンバッジプレゼントしてしまいます。

市場価格はかなりのモノなのでお得です!

 

合言葉は「ツールドフランスがやってきてる?」です。

-イベント情報, レース情報, 記事
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

キャラバン隊がやってくる

宣言します。ツールドフランスで一番楽しいのはキャラバン隊です! 「キャラバン隊」。 選手やその関係者に先立ってコースを回ってくるスポンサーの車列のことです。 観客たちはレースの何時間も前から沿道で騒い …

補給食は何を食べる?

ツールドフランスを見ていると、時折もぐもぐタイムがあります。 アシストのドリンク運びや、沿道からのサコッシュ差し入れなど、微笑ましいシーンも。 これはかつて新城選手が所属していたユーロップカーの出発前 …

モンバントゥーを登れ

葉山自転車市場にとってもヴィンテージな顔ハメ登場。 モンバントゥー(Mont ventoux)を登っている設定だそうで。 今年は通らないけど。 10日目以降の山岳ステージで顔ハメ写真アップしたら、えっ …

Jsportオフィシャルグッズもプレゼント

毎晩見ているJsportさまが今回のイベントのためにオフィシャルグッズを提供してくれました。 立派なタオルとボールペン。 フォトラリーに来ていただいた方に差し上げることにします。 サン岳賞(3か所撮影 …

セピア色のツールドフランスにタイムトリップ

ツールドフランス、本日は休養日なのでこちらも静かに読書など。 葉山自転車市場から借りた「ツールドフランスの百年史」に魅入ってしまいました。 貴重な写真がたっぷりで、小ネタ満載の本。 何よりもすごいのは …